ローンが残っている車も下取りに出せる?悪徳業者の手口とは

車の買い替え

オートローンなどで購入した車を買い替えるために下取りに出そうと思っている人はいませんか?基本的には、ローンが残っている場合でも、下取りに出すことは可能です。そこで今回は、ローンが残ってる車を下取りに出す時の注意点についてまとめてみました。

ローンが残ってる車を下取りに出す方法

下取りに出そうとしている車の車検証を確認してもらえればわかりますが、債務の残っている場合、所有者の欄がクレジット会社もしくはディーラーの名義になっているはずです。このような場合、まず残っているローンの完済が優先されます。

どういう事かというと、車を実際に乗っているのが皆さんだとしても、書類上の所有者はクレジット会社やディーラーのため、所有者の了承なしに勝手に売却することはできません。そこでまずは、債務をすべて返済して名義を自分に変更してから明け渡す形になります。

本来であれば、ディーラーなどから売却代金をもらって、それを返済して名義変更する流れになります。しかし、これをみなさんが行うと、色々と面倒な手間がかかるので、一般的には買い替えをするディーラーなどでこれらの手続きを代行してくれます。

ローン返済中の車を下取りに出す際の注意点

このように、下取りをするにあたって、皆さん自身が特別何かをする必要はないのですが、一つだけ注意点があります。事務手続きを任せるにあたって、ローン会社から完済証明を出してもらうようにディーラーの営業マンにお願いしましょう。

大半のディーラーは、きちんと返済手続きをしてくれます。しかし一部業者の中には、この返済手続きをしないで自分のポケットにお金を入れてしまうケースもあるようなのです。

例えばディーラーや販売店の中には、経営が厳しく、資金繰りに頭を抱えているようなお店もあります。このような場合、残債を一括で支払わずに自分の懐に入れてしまうのです。

悪徳業者の手口

どのような手口が多いかというと、下取りした車が売れるまでにお店からユーザーの口座に毎月振り込みをするとか、ユーザーの名義で毎月少しずつローン会社に振り込むケースが目立ちます。車が売れるまでの時間稼ぎをしようというわけです。そしてもし売れた場合には、ある程度のまとまった資金がお店に入ってきます。そこで一括で返済するわけです。

売れればいいですが、もし売れずにいつまでも在庫として抱えている場合には上で紹介した時間稼ぎを続けざるを得なくなります。これで売れるまで持ちこたえてくれればいいのですが、それだけ経営状態の厳しいお店です。もしかすると、経営が立ちいかなくなって倒産するということもあり得ます。

もし、残債を完済していなかった場合どうなるかというと、マイカーを売却したはずのユーザーが負担を背負うことになってしまいます。もともと皆さんが借りて返済するという契約になっていますから、どうしても支払い責任が生じます。ですから一括返済したことを証明する書類を必ずもらうようにすることが重要なわけです。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*