バンパーの修理にかかる費用や時間はどれくらいかかるの?

赤いトヨタの車

車を傷つけてしまって、整備工場などに修理に出す場合があります。その中でも比較的多いのが、バンパーの傷の修理です。今回はバンパーの修理にかかる費用や修理期間についてまとめてみました。

バンパーは傷がつきやすくできている

バンパーは車の外側に取り付けられているので、どこかにぶつけてしまったとかこすってしまった時に、どうしてもダメージを受けやすいものです。もともと本体にダメージが及ばないように、自ら損傷するような構造をしています

しかし最近の車種を見てみると、ボディとバンパーが一体化しているものが多くあります。このため一回傷ができると、見た目で意外と目立つということがあります。だから車を見るたびに気になって、何とかしたいと思う人が多いようです。

バンパーの傷を自分でなおす場合

バンパーの傷ですが、工場に出さなくても良いケースがあります。具体的には塗装の表面に異物が付着しているとか、ごく浅い傷が入っているケースなどは自分で対処することも可能です。

カー用品店で販売されているコンパウンドなどを使って傷を消すことができます。コンパウンドを布やスポンジにとって、こするようなイメージで使うと傷が目立たなくなります。

その他にはタッチアップペンを使って補修のできるケースもあります。ちなみに自分で修理する場合には、コンパウンドが1000円くらい・タッチペンだと500円程度で購入できる商品もあります。かなり安上がりになります。

バンパーの修理を業者に出した場合にかかる費用はどのくらい?

ただしへこんでしまっているとか、かなり深い傷になっている場合には、さすがに素人が自分で何とかしようというのは無理があります。浅い傷でもこすりすぎてしまうと、かえって傷が目立ってしまうこともありますから注意が必要です。

業者に依頼するにあたって、整備工場の他にもディーラーや板金屋にお願いする方法もあります。業者によって修理費用は違ってきますから、できれば複数の業者にキズの状態を見てもらって見積もりを出してもらうのがおすすめです。

傷の修理をプロにお願いした場合かかる費用ですが、小さなものでも1万円から15000円程度はかかると思っておいた方がいいでしょう。もし大きな傷になると、安くても3万円くらいの費用が必要になるはずです。

中にはかなり派手にバンパーがへこんでしまっていて、修理は不可能・取り外して交換するとなるとさらに費用はかさみます。補修や脱着、全塗装になれば5~6万円くらいが相場になると覚悟しておきましょう。

もしそろそろ車を買い替えたいと思っているのなら、バンパーの修理をせずに、そのまま買取業者に査定に出してしまうのも一つの方法といえます。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。