オートマオイルの交換費用や修理期間はどれくらいかかるの?

車のエンジンルーム

オートマ車を利用している人も多いでしょう。このギアチェンジをスムーズに行うにあたって、重要な役割を担っているのがオートマオイルです。今回はオートマオイルの交換費用や修理期間についてまとめてみました。

オートマオイルは重要な役割を担っている

オートマ車はマニュアルと違って、ギアチェンジは車が自動的に行っています。このギアチェンジをスムーズに行うにあたって、オートマオイルは重要な役割を担っています。

オートマチック・トランスミッション・フルードの頭文字をとって、ATFと呼ばれることも多いです。ギアチェンジの潤滑油の他にも、変則制御や冷却などと多彩な役割を担っています。

あまり一般には広く知られていないオートマオイルですが、実は車を動かすにあたってとても重要なパーツです。

エンジンオイル同様、長年走行していくにつれ、徐々に劣化が進み、オイルの中に不純物も多く混ざるようになります。もし劣化してくると、ギアをスムーズに変速するとか、エンジンの動力をタイヤに伝える効率がダウンしてしまいます。

その結果、ギアチェンジをしたときの衝撃が大きくなるとか、発進や加速の反応が鈍くなる、燃費の悪化などの諸症状が起こります。最悪オートマそのものが機能しなくなって、走行不能の状態に陥る可能性すらあります。

オートマオイルの交換費用や修理期間はどれくらい?

オートマオイルの交換時期ですが、悪路を走行することが多いなど車にシビアなシチュエーションを強いている場合には、走行距離10万キロが交換の目安といわれています。

しかしそれ以外の場合では、それほど交換する必要性は高くありません。少し前までは、2~3万キロを超えたところで交換するのが好ましいと言われていました。カー用品店や整備工場の中には、今でもそのようにアドバイスするところもあるようですが、10万キロを超えて、先ほど紹介したオイルの劣化に伴って現れる症状を感じるまでは大丈夫でしょう。

もし交換をするのであれば、ディーラーや整備工場のようなところにお願いして、プロの方にやってもらうことです。

実はオートマオイルの交換は一度に全部のオイルを抜くことができず、循環させつつ少しずつ新しいオイルを入れていないといけません。手間暇がかかりますし、細心の注意を払って作業する必要があります。専門的な知識のない人は、プロにお任せするのが無難です。

交換にかかる費用は車種にもよりますが、工賃とオイル第合わせて8000円から3万円といったところが相場でしょう。作業時間はあまりかからず、短ければ10分くらいで完了してしまうような車種もあります。

まずは近くのディーラーや整備工場に相談して見積もりをお願いし、どの程度の費用が掛かるかをチェックしましょう。

車を高く売るなら無料の一括査定サービスが便利

SNSでもご購読できます。